経年とともに劣化する

外壁塗装の歴史について

家を購入して20年以上経過する人は一度ぐらいは外壁塗装することを業者にお願いしをしたことがあるのではないでしょうか。 家を持っている人にとって外壁塗装はとても身近なものなのです。 この外壁塗装は遡れは前後、色々な試みをしてきました。外壁塗装の目的は 一つが美観です。見た目のきれいさです。家がきれいだとそこに住んでいる奥さんがきれいだったりするから不思議です。もう一つの目的は外の上げ風邪や雪、直射日光をから私たちを守ってくれる働きがあるのです。そうだとすれば、家の壁が崩れた状態だったり、ひびが入っている場合は、できるだけ早く直すのが常識です。これを何にちも何週間も何か月も放っておくのは家にとっては辛いことなのです。

今後の予想や今後の動向

外壁塗装はそこに家がある限り無くなることはありません。ただ、業者による顧客の奪い合いならあります。業者同士のパイの奪い合いになった時に一番生き残りやすいのは個性的なサービスをすることができるかどうかです。業者の未来はそこにかかっていると言えます。 絵は、塗料の進化はどうでしょうか。塗料はもともとは水性塗料が中心でした。ただ、この水性塗料は色が落ちやすく、長期的にはあまり効果を発揮しなかったのです。最近になって塗装は段々と新しい素材ができてきます。一番新しいのはフッ素樹脂を塗ることです。価格は従来の製品の2,3倍はしますが、効果が段違いに良いということです。将来的にはさらに質の高いものが出てくるに違いありません。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com